アライフコンサルティング代表の青木一生と申します。
私は中学時代の公民の授業を通じて企業経営に興味を持ち、大学時代に経営工学と金融工学を専攻し、経営コンサルティングに憧れを持つようになりました。そして、大企業の存在感が圧倒的な中で日本の屋台骨を懸命に支える中小企業に熱い想いを感じ、キヤノン株式会社での勤務を経てアライフコンサルティングを創業し、中小企業支援の世界に飛び込みました。
今から10年前にスマートフォンやSNSが普及し誰もが自分のメディアを持てる時代が来ることを想像できた人はいるでしょうか。技術革新が激しく情勢の予測が困難な中、絶対的な強みを活かしつつその時代に適した中小企業支援をしていきたいと思っています。
「日本の中小企業がひざとため息をつかない世界に」を目標として、アライフコンサルティングは中小企業に寄り添い、伴走型支援を心がけてまいります。
是非何かお困りごとがありましたらお気軽にお問い合わせください。

アライフコンサルティング代表 青木一生